営業時間:9:00~17:00  定休日:土・日・祝日 / フリーダイヤル03-3931-7321

美容液の効果とは?

美容液の効果とは

 

1.美容液の効果

 

美容液には、さまざまな美容成分が配合されています。それらの成分によって、肌の保湿効果や、肌を整える、あるいは肌のダメージをケアして改善するという効果を引き出します。

 

美容液の効果には主に①保湿、②美白、③エイジングケアの3つがあります。それぞれについて説明します。

 

(1)保湿

美容液の基本的な効果としては、保湿効果が挙げられます。乾燥肌のかたや、化粧水だけでは保湿が足りないかたには保湿ケアが重要です。肌の乾燥は、しわや肌トラブルの原因になります。潤いのある肌、すべすべしたきれいな肌は、一定以上の水分量を含んでいる肌です。

表皮のすぐ下にある角質層は、吸水性や保湿性に富んでおり、正常な状態なら15%~20%程度の水分を含んでいるとされています。(※肌の水分量は季節や年齢などによっても異なります。)もともとの乾燥肌というかただけでなく、なんらかのトラブルがあるとこの水分量が減少し、かさかさの荒れた肌になってしまいます。

そのような時には保湿のスキンケアが重要です。ラフィノースやコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどの成分が入った美容液を化粧水の後につけると保湿効果が高まります。

 

(2)美白

美容液には、シミのないきれいな肌をめざし、日焼けによるシミ、そばかすなどを防ぐ効果があります。美白といっても元の肌の色を白くするわけではなく、紫外線などの刺激によるメラニンの生成を抑えて、シミやそばかすができるのを防ぐことが、美白ケア美容液の役割です。

美白に有効な成分の代表的なものとしては、ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸などがあります。このような成分が配合され、保湿と同時に美白ケアを行います。美白美容液には医薬部外品としての販売が義務付けられています。

 

(3)エイジングケア

 肌の老化は紫外線などの外的刺激によるものと加齢によるものとがあります。10代、20代の頃は大した手入れをしていなくてもハリがあってつやつやしていた肌が、年齢を重ねるごとに、しわ、たるみ、くすみなどが出てきてしまうものです。加齢による肌の老化は20代後半頃から始まると言われています。

 エイジングケアとは、加齢による肌の悩みに注目し、肌に潤いやハリを与え、年齢に応じたスキンケアをすることです。美容液には、このエイジングケアへの効果があります。エイジングケア美容液には、プラセンタエキス、フルーツ酸、グルコース、ビタミンC誘導体など、さまざまな成分が配合されています。

 

2.効果的な使い方のポイント

 

(1)美容液の選び方

 美容液を選ぶ際には、自分がどのような肌悩みをもっているのか、あるいはどのような効果を得たいのかを考えて、その目的に合った美容液を選ぶのがポイントです。美容液にはさまざまな成分が配合されていて、なにを重視するかによって、配合成分や割合も異なります。自分がとくに気になっていることがあれば、その目的に合ったものを優先して、美容液を選ぶと効果も出やすくなります。

 とくにこれということもない場合は、基本的な保湿ケアに特化した美容液を選ぶのもいいでしょう。

 

(2)つける順番

 美容液は、一般的には、化粧水をつけた後につけます。化粧水で肌に水分を補給して肌を整えた後、美容液で保湿効果を高めます。ただし、中には導入美容液とも呼ばれる、化粧水の前につけるタイプのものもあります。化粧水が浸透しやすいようにする、美容成分を集中的に浸透させる効果があります。

また、どちらのタイプにも共通していえることは、美容液は乳液やクリームの前につける必要があるということです。乳液やクリームは油分を多く含んでいるため、その後になると美容液の美容成分が肌に浸透しにくくなってしまうからです。

 

(3)効果的なつけ方

美容液の効果的なつけ方は次のとおりです。美容成分をしっかり浸透させ効果を高めるには、正しいつけ方をすることが必要です。つけ方のポイントは次のとおりです。

①手のひらに美容液を適量出して、手のひらを合わせて体温で温めます。

②温めた美容液を、2〜3回に分けて塗り、肌になじませていきます。

③美容液を手に取り、優しく手のひらで顔を包みこみ、1分程度そのままにしています。

④特に乾燥が気になる部分や肌の悩みがある部分には1回だけでなく重ねてつけます。

 

(4)効果を得るためには

 美容液だけに限ったことではありませんが、一定期間は継続して効果を見ることが重要です。つけ始めたら毎日使用し、(1日2回、あるいは1日1回 ※商品によって異なるので確認)少なくとも1本使い切るまで様子を見る。その後、効果をみて、継続するかどうかを検討するようにします。

 また、継続するためには、つけ心地(テクスチャー)を気に入ることも重要です。「べたべたしている(苦手)」「伸びがいい(気に入った)」など、そのつけ心地は自分にとってどうなのか?ということです。ストレスなく使い続けられることも重要ですので、購入する前に試供品等でつけ心地を試してみることをお勧めします。

                                                                                                                                                                                          <  幸 >

<リンク>

そせいセラムエッセンス [美容液]-30ml | そせいスキンケアシリーズ|年齢肌が気になる大人女性の基礎化粧品【SOSEI Online】